香港の年金積立が加入できなくなります@香港


年金上乗せの最期の砦「海外年金積立」崩壊!

 

日本にお住まいの方の中にも一般的になり、
海外の年金システムを活用した、上乗せ年金作りの方法。

 

 

世界中に投資可能で、長い時間を掛けて徐々に利益を積み上げて
いきます。

 

「長期」「分散」「最適」投資で老後生活資金を支えるもので、

 

年間利回り6〜14%程度を目標として資産運用出来る仕組みです。

 

 

最終的には、積立金額の3倍前後になります。

 

その香港のIFAが提供する年金積立ですが、
※香港IFA?選びの3つのポイントより

 

 

残念ながら、いよいよ2014年内で加入が出来なく
なります。つまり販売が終了し、
新規に海外年金の積立が出来なくなるということです。

 

 

このブログに辿り着かれた方は、あらかじめ年金積立の
情報をご存知のかたかと思いますが、簡単に解説すると

 

 

イギリスをはじめとした、世界の先進国の保険会社が
オフショアエリアにて事業を運営しています。

 

 

オフショアを活用する特徴としては、例えば運用益が出た場合、
その運用益に対して税金がかからない!んですね。

 

 

という事は、投資したお金を効果的に運用して増やすことが
出来る仕組みであるということです。

 

 

※オフショアエリアとは税金が極端に低いもしくは無い国の事。
※日本は利益に対して20%課税

 

 

 


次の年金積立商品の発表は・・・未定!


 

 

他のいくつかのブログでも紹介されているかもしれませんが
香港で加入出来る代表的下記3社も、2014年内に全社、

 

 

加入が出来なくなります。更に次の商品発表は未定・・・

 

ス◯◯ダードライフ社(201409終了)終了しました!

エ◯ジアス社(201411終了)残り1ヶ月半!

サ◯ライフ社(201412終了)残り1ヶ月半!

 

 

※IFAによって、最終受付の日程が違いますので
早めにお問合せください。

 

 

ただ、まだ加入はできます。
香港に来て頂く必要がありますが、保険会社の引受が終了した
わけではないので、最期のチャンスです。

 

 

これまで、色々聞いて気にはなっていたけど実際どうなんだろう
と考えている人もいるかと思います。

 

 

日本にいると、いいIFAの選び方もネットからの情報、友人
知人からの情報に偏ってしまうとおもいます。

 

 

ホームページだけしっかりしていて、実際の会社は貸事務所
で、担当も少なく加入してからの対応が不十分な小さなIFAも
多いのが事実です。

 

 

一方で、10年以上まえから日本人の引受を中心に、年金積立の
対応をしており、既に10,000以上の顧客を担当しているIFAも
あります。実際の事務対応、問い合わせ対応なども優れています。

 

 

どちらにせよ、最終的に選ばれるのは、あなたですので選び方
を間違えないようにご注意下さい。

 

 

12月まで入れるならもう少し考えてみよう!

 

 

と考えている人がいれば、甘いですね。
いつ保険会社の方向性が変わるか?

 

 

私たちもわからない部分がありますので、このブログを
見た皆さんが全員加入できるとは保証できません。

 

 

この記事の有効期限は、2014年12月10日までです。

 

 

連休を上手く使って香港に来られるチケットを取れそうな方は
加入に必要な情報をお伝えしますので、
以下の問い合わせフォームより至急お問合せ下さい。

 

 

クイック予約▶海外年金積立に関するご相談はこちらから

イチロー

 

 

香港から始まる。。あなたの
ハッピー・ライフ・サイクル」

を全力で応援していきます。
※あなたとお会いできる事を楽しみにしています。

 

「悩みスッキリ!」香港での保険相談は110ワンテンまで!
  クイック予約▶海外生命保険の相談はこちらから

 

追伸>
・いい物って、すぐに売り切れてしまいますね。
あの時買っておけばよかったと後悔しても遅い事が多いです。
旬の時に旬のものを手に入れておくのは決して無駄ではないと
思います。