海外居住者の保険加入について@香港


香港以外に居住されている日本人のご相談が増えています。

タイ、ベトナム、中国、サウジアラビア、フィリピン、ニュージランド・・・

 

 

外務省の「海外在留邦人数調査統計」によると、約130万人を

超える日本人が海外で生活しています。

 

 

そんな中から、保険に加入したい日本人の方が、

香港に保険相談に来ることが増加しているように感じます。

 

・学資保険プラン

 

・年金のための貯蓄保険プラン

 

・次世代への資産移転プラン

 

などなど、香港には魅力的な保険、体制が整っています。

 

 

ただし、、、

 

保険に入れない可能性もあります。

 

世界事情をご存知のかたには、釈迦に説法ですが、

 

・経済制裁を受けている国

 

・クーデターが起こっている国

 

・住所証明を発行できない国・・・

 

・健康上の不安がある(過去に大きい病気をした方)

 

などなど、保険会社の内部で決めている取り決めに

 

引っかかってしまうと、海外の保険会社といえども

 

申込を断られてしまいます。

 

では、加入に関して気をつけることは?

 

まず、大事なことは

 

①どの国に住んでいるか?

 

②その国のVISAを持っているか?

 

③その国で居住を証明する書類があるか?

 

④健康上の問題はないか?

 

⑤香港に入国したスリップ(昔のスタンプ)はあるか?

 

など、

 

・もしかしたら、VISAを持っているのに、住所証明がない。

 

・過去に病院に掛かったけどどうなんだろう・・・?

 

それぞれ、個々人によって、対策が変わりますが、

相談者、コンサルタントどちらが上とか下ということではなく

「協力体制」「共同作業」が必須となります。

 

どちらかが協力的でない場合は、残念ながら相談自体が

いいモノにはならない可能性が高いです。

 

ノウハウを持っている会社に相談すること

 

相談したのは良いけど、途中で対応が止まった・・・と言う話も

よくお聞きします。

 

理由は、色々あると思いますが対応した会社の本音としては

 

・手間ばかりかかって、売上に繋がらない。

 

・加入できる見込みが無い。

 

・相談者の居住国についてよく知らない。

 

など、相談者より先に勝手に諦めている可能性もあります。

 

もちろん、最終的に香港での保険契約が出来ないという

「つらい結論」をお伝えすることもありますが、

まずは、様々な可能性を探ってくれる会社を選んだほうが

良いと思います。

 

もちろん弊社以外にもあるかと思います。

海外の保険に関して、生で前向きな情報を聞いてみたい、相談してみたい

と思われる方は、以下の問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

 

希望されないかぎり、こちらからのメールは致しませんので、

ご安心下さい。

 

📲相談予約はコチラ